HOME > ドラムスる > ドラムセット > 7.ドラムセット

ドラムスる

ドラムを知れば、JENがもっと好きになる。

7.ドラムセット

それではいよいよ本体に入っていきます。

まずは基本的な名称から教えていただきます。

 

まず、一番ドラムの核となるのがスネアです。

スネアでそのミュージシャンの顔がわかるという一番大事な楽器です。

で、低い順からいくと、一番下にバスドラムというのがあります。

次にフロアタムがあって、その上にタムタムがあります。

 

drums

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タムタムの数ですが、最近は1個の人が多いです。

ワンタム・ワンフロアにバスドラの3点ですね。

またはタムふたつにフロアタム、バスドラの4点が一般的ですね。

人によっては小さいタムから大きいタムまでつけて

メロディアスに叩く人もいますけどね。

 

あとシンバル類ですが、

リズムをキープするためにあるのがハイハットシンバル

そしてライドシンバルです。ライドはトップシンバルとも呼ばれます。

アクセントなど装飾系で使うのがクラッシュシンバル

サイドシンバルとも言います。

drums21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとミュージシャンによってはチャイナシンバルていうのを使ってます。

これは通常のクラッシュより濁った音がして、中国風の鳴りがするんでチャイナシンバルといいます。

それとか要所要所に素早い音のアクセントを入れたい人は

スプラッシュシンバルという小さいシンバルを使ってたりします。

 

主なところはこんな感じですね。

 

次回からは各パーツを詳しく紹介していきます。

感想を送る

コメント

コメントをお寄せください。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。