HOME > ドラムスる > ドラムセット > 13.バスドラム(2)

ドラムスる

ドラムを知れば、JENがもっと好きになる。

13.バスドラム(2)

バスドラムと言えば、よく中に毛布が入ってたりしますよね。

あれって一体どんな意味があるのでしょうか?

 

毛布がなかったらバスドラの音が暴れるんですね。

通常、普通の楽曲をするときにバスドラに求めてるものってアタックなんですね。

「ドッタン、ドッタン」の「ドッ」ていうこのアタックが欲しいから

バスドラ使ってる人が多いんですけど、

毛布とか入れてなかったら「ドッ」て鳴らないんですね。

「どーん」てなってしまうんです。まとまりのない音になります。

高校野球の応援団のような音になってしまうんで、

それじゃ楽曲的にちょっと申し訳ないなと。

 

ということで、毛布を入れたり、ミュート材を入れたりすることによって

アタックがきれいになるようにするんです。

ただ入れすぎるとバスドラ自体がならなくなっちゃうんで、

そのへんはバランスよくやってください。

ちなみに、毛布入れなくてもそれらしいアタックが出るヘッド(*)ていうのもあります。

 

*バスドラムの打面

感想を送る

コメント

コメントをお寄せください。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。