HOME > ドラムスる > ドラムセット > 12.バスドラム(1)

ドラムスる

ドラムを知れば、JENがもっと好きになる。

12.バスドラム(1)

今回はバスドラムについてレクチャーをお願いします。

バスドラムは一番低い音の大きなドラムです。

 

バスドラムはシェル(胴)の材質、大きさ、深さで音が変わります。

口径22インチ、深さ16インチというサイズが標準だと思います。

それを基準に20、18、16インチという小さいのがありますし、

あと最近使う人は少なくなりましたけど24インチとか、26インチという

非常にでっかいバスドラムもあります。

 

で、大きさが変わるとどうなるかと言いますと、見た目の通りです。

大きくなればなるほど音量は上がり、迫力のある音がなります。

小さくなればなるほど、まとまりのあるコンパクトな音になりますね。

 

では、なぜ22インチが標準なのかというと、

バスドラムを踏むために必要なキックペダルが関係してるんです。

pedal1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このキックペダルのビーター(写真の一番上、バチにあたる部分)のあたる位置、

人間の踏む力、キックペダルのバランスなど、

これらを考えた時に一番バランス良く真ん中に当たるのが22インチなんですね。

これより大きくなるとビーターがどんどん長くなるので非常に難しくなるんです。

というわけで、24とか26インチを踏みこなそうとなると

相当な脚力とテクニックが必要となってきます。

だからそれができる人はやっぱりうまい人なんですけどね。

 

逆にバスドラが小さくなればビーターの当たる位置が上の方になります。

これはこれでやっぱり正式なバスドラの音が出ないんです。

ただ、上の方に当てることによって雰囲気のある音になるんで、

これはこれでジャズミュージシャンとかは

わざとこういうポジションにして叩いてたりしますね。

 

ちなみにロックやってる人からすると、

バスドラは大きい方がかっこいいぜって人は多いですね。

 

ありがとうございました。

ちなみにJENさんは22×16の標準サイズを使用してますね。

でもたまにアコースティックな感じの時とかは

小さいサイズのを使ってることもあったような気がします。

探究心がないので詳しくはお調べしませんけど。すみません。

感想を送る

コメント

コメントをお寄せください。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。